甘酒もR-1ヨーグルトも作れる!アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー

私が最も愛用しているキッチン家電の「ヨーグルトメーカー」。

発酵食って「いいな!」と思いつつも、作れば時間がかかるし、買えばコストがかかるし、、、なかなか暮らしに発酵を取り入れることが出来ていませんでした。

でも、このヨーグルトメーカーを購入してからは、ヨーグルトはもちろんのこと、甘酒・塩麹・醤油麹などなど、手軽に作れるようになりました。

ヨーグルトメーカーの比較検討ポイント

そんなヨーグルトメーカーですが、1000円代で購入できる手軽なものから、1万円を超える高機能なものまで様々な種類があります。買うまでにいろいろと悩んだので、私の検討したポイントをご紹介します。

1度単位で温度設定ができるか?

ヨーグルトメーカーの機能である「温度設定」は、温度固定タイプか変動タイプの2パターンに分かれます。

ヨーグルトだけを作りたい方は、温度固定タイプで充分ですが、私は色々な発酵食をつくりたかったので、「温度変動タイプ」で1度単位で温度設定ができることを重視しました。

市販の「牛乳パック」をそのまま入れられるか?

ヨーグルトメーカーにセットするための容器は、「牛乳パック」をいれられるタイプといれられないタイプがあります。

「牛乳パック」をいれられないタイプで人気なのが、タニカのヨーグルティアですが、付属の容器を消毒したあと、牛乳など材料を注いでヨーグルトをつくることになります。私の場合、使い勝手が悪いと使わなくなってしまうので、余計なことを考えずに牛乳パックをそのまま入れられるタイプを選びました。

人気ヨーグルトメーカー2機種の違い

ちなみに、私が愛用しているアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーとタニカのヨーグルティアは、このような違いがあります。

アイリスオーヤマ タニカ
温度設定 25℃~65℃ 25℃~70℃
タイマー 1~48時間 1~48時間
付属品 容器、水切りカップ、計量スプーン、牛乳パック用ふた、レシピブック 内容器(ポリプロピレン製)2個・レシピ集・専用スプーン
容量 1000ml 1200ml
価格 ¥ 2,897 ¥ 10,800

※価格は記事公開時のものです

性能はタニカのヨーグルティアの方が勝っていますが、今のところ私は、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーがあれば、何不自由なく発酵暮らしを楽しめています。そして、圧倒的なコストの安さと牛乳パックがそのまま入るという利便性から軍配が上がりました。

今まで何日もかかっていた、ヨーグルトや塩麹、甘酒などの発酵食品が数時間でつくれた瞬間は感動しました…♥これから発酵食をはじめようと思っている方、R-1ヨーグルトやカスピ海ヨーグルトを毎日食べている方には、特にお試しいただきたいアイテムです!