これって失敗?手作り味噌で知っておきたいこと

自分好みに材料や分量を調整できる手作りの味噌。

味噌は、微生物の生命活動によって作られるので、全く同じレシピであっても、熟成期間や環境によって残念ながら失敗することもあります…

今回は、味噌を手作りするときに、「これって失敗!?」と不安になったことをまとめてみました。

カビが生えている!

今まで何度も味噌を作ってきましたが、ほとんどの手前味噌にカビが生えました…(^^;

「カビは生えるもの~」ぐらいの余裕をもって、あとは焦らずにその部分をしっかり取り除けば、食べることが出来ます◎

(ただし味噌を少量でつくった際、取り除いたら底だったため、結局すべて食べられなくなってしまった経験もありました…。仕込む味噌の分量は多めがおすすめです。)

カビ(腐敗菌)はあっという間に増殖するので、私は月1くらいで味噌の様子をチェックしています。

大豆の粒、麹の粒が残る

スーパーなどで大量流通している味噌は、工場などですりつぶされた味噌が一般的なため、最初に大豆や麹の粒が残っている状態を見た時は「失敗!?」と不安になりました。

しかしながら、調べてみると大豆や麹の粒が残った状態の味噌を「粒味噌」や「麹味噌」と呼ばれ販売されているので失敗ではないようです。

この粒が気になる場合は、仕込む前に大豆や麹をフードプロセッサーにかけるとなめらかな仕上がりになりそうです。

出来上がりの味噌が固い!パサパサ!

出来上がりの味噌が固いと、味噌汁で味噌を溶かすときに塊になってしまい大変でした。

このような固さの原因は、仕込むときにありそうです。

・使用した大豆を水に浸す時間が短かった
・大豆を指でつぶせるほど柔らかくなかった
・麹の割合が多かった
・仕込みの時から固かった(仕込む際の目安は、耳たぶほどの柔らかさ)

このような失敗を乗り越えて出来上がった味噌は格別です!おいしい手前味噌が出来るように、今後も失敗記録を追記していきます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする