砂糖不使用!自然な甘さの「みりんレーズンようかん」

先日、発酵マイスターや発酵プロフェッショナルが集まる日本発酵文化協会の定例会に参加してまいりました。

今回の定例会では、講演に加えて発酵料理コンテストが初開催されました。

どれも発酵の良さを活かしたお料理ばかりで、レシピ名をみるだけでもワクワク!もちろん食べても美味しくて、とても参考になりました。

さて、今回は、このコンテストで持参した「みりんレーズン羊羹」のレシピです。

みりんレーズン羊羹

材料(パウンド型1個分)

・ゆで小豆:300g
(私が茹でた小豆は200g。茹でた後は、300g超の量になりました。)
・みりん:400cc
・レーズン:30g
・寒天:3g
※はじめに、指で潰せるくらいまで小豆をゆでておく

作り方

1.鍋にみりん全量を入れて中火にかけ、3分ほど煮詰める(約300ccの量になる)
2.煮詰めたみりんにゆで小豆とレーズンを加えて、中火にかけながら混ぜる
3.別の鍋に水200cc(分量外)と寒天を入れて、かき混ぜながら沸騰させる
4.③に②を加えてよく混ぜながら、3分ほど煮立てる
5.型に入れて祖熱が取れたら冷蔵庫で冷やして出来上がり!

砂糖を使わずにみりんとレーズンだけの甘さで作った羊羹。

罪悪感なく楽しめるヘルシーなおやつです♪みりんを煮詰めてアルコールを飛ばしているのでお子様や妊婦さんも食べられます◎